サブリースを成功させるためのポイント

賃貸経営を行う上でネックとなるのが収益の確保です。賃貸経営では建物を誰かに貸し付けて、そこから得られる家賃によって収益とするものです。つまり誰かが借りてくれなければ賃貸経営は成り立ちません。これらのリスクを回避する方法のひとつがサブリースです。サブリースは、不動産会社などが、建物を一括で借りるというものです。名称としては一括借り上げや家賃保証という言葉が使われますが、細かい違いはあるもののその性質は一緒です。しかし、サブリースはサブリースさえ行えば良いというものではなく、会社選びが重要になりますし、また利用する場合にはその仕組みを十分に理解しておく必要があります。特に契約時には不利にならない内容であるかどうかしっかりとチェックしておくのが必須です。

サブリースってなに? そのメリットは

賃貸経営ではさまざまなリスクが存在します。そのリスクのひとつが家賃です。賃貸経営では、建物を誰かに貸し付け、そこから得られる家賃によって収入を得るというものですが、誰かが借りてくれなければ家賃は得られません。特に空室率が高くなると収益率が悪化し、場合によっては建物を維持するために自己資金を持ち出ししなければならなくなる可能性もあります。その家賃に関するリスクを避ける方法がサブリースです。サブリースは不動産会社やサブリース会社などに建物をまるごと貸し付けるというものです。借り受けた会社はそれを運用して家賃を得て、その家賃をもとにオーナーに家賃を支払うというものです。このためオーナーとしては空室であっても一定の家賃が入ってくる仕組みで、家賃保証とも呼ばれます。

サブリースを成功させるために知るべきこととは

サブリースのメリットは家賃保証ですが、サブリースとして借り受けた会社も利益を得なければいけません。このため入居者が支払う家賃に対して、オーナーに支払われる家賃は減ってしまいます。多くは実際の家賃の7割程度になりますが、管理費用なども含まれているので良い物件では効率よく賃貸経営をすることができます。また収入源もサブリース会社だけになるので、税務申告が簡素化できますし、入居者のトラブルでの訴訟当事者にならないのも大きな魅力です。ただ建物に関する業務が任せっきりとなるため、入居者を選ぶことができないことに注意する必要があります。また当初の契約では高い家賃保証を謳っていても、更新時に大幅な値下げを要求される可能性もあります。このため契約時には契約内容を十分に確認し、不利にならない内容であるか調べておく必要があります。