サブリースのメリットにはこんな点があります

サブリースというのは契約をしている不動産会社とのオーナーとの間に入って、物件を一括で賃貸してくれるシステムです。つまり、オーナーの負担が減って、空室リスクがなくなるということになるものです。全部屋を一括で借り上げるわけですから、空室というものがなくなって、固定の賃料が入ってくるようになるので、安心して物件を任せることができるようになるというのが大きな魅力です。もちろん、入ってくる料金は空室がない時に比較すれば少なくなりますが、空室がなくなるというリスクがなくなるというのは大きな魅力といっていいでしょう。この空室リスクに頭を痛めているオーナーがほとんどですから、そのような状況ではこうしたサブリースというものを考えてみるのも一つの方法です。

なぜ空室リスクがなくなることになるのか?

サブリースは全部屋を借り上げるというシステムですから、空室がなくなるということになります。そのため、オーナーには安定して契約の賃料が入ってくることになります。これは空室のあるなしに関わらずです。ですから、オーナーは空室リスクから解放されるとともに、家賃の不払いなどのトラブルかも解放されるということになります。この不払いは一度あると、二度三度と出てくることが多いですから、この悩みも多くのオーナーを悩ませることです。ですが、そうした悩みもなくなるのがこのシステムのメリットです。サブリース会社が家賃の取り立ての手続きを代行してくれたり、家賃保証特約というものを付けたりしてくれるので、基本的に賃料が払われなくなるというような不安からは解消されることになります。

借り手との間の面倒なことがなくなる

先の家賃の不払いなどもありましたが、入居者とオーナーとはいろいろな関係があります。ですが、このサブリース会社が中に入ることで、オーナーと入居者は基本的に接触することはなくなります。オーナーはそのため、さまざまな面倒ごとから切り離されることとなり、面倒ごとはなくなることになります。税金の申請においても面倒ごとが少なくなりますから、このシステムを利用するといろいろな面倒なことから解放されるということがメリットと考えていいでしょう。基本的に、このサブリースというシステムは、お客さんとオーナーとの中間に入って、手続きその他一切をオーナーに変わってしてくれるようなものと考えてもいいでしょう。それまで、オーナーがやってきたことをほとんどしなくてすむようになるのです。