サブリースとはなにかをご説明します

オーナーが所有する建物を、サブリースを行う不動産会社などが借上げ、その不動産会社が入居者に転貸することをサブリースと言います。一般的には空室があっても、オーナーが一定の家賃を得られるなど保証がつくケースが多いことから、空室リスクを回避できるとしてオーナーにとってはメリットの多いシステムとして知られています。アパートやマンション所有者には賃貸経営の素人の方が多いことから、プロである不動産会社に運営を任せることで効率的な賃貸経営ができるという自体は趣旨にかなっていると言えます。その一方でメリットとは相殺できないデメリットがあるのも事実です。自己経営でもある程度の収益が見込める物件に対し、運営を任せることでリスクを軽減するところに利用価値があるようです。

サブリースのメリット、デメリット

又貸しであるサブリースは、転貸しを条件にした借上げであり、家賃保証される点がこのサービスの特徴です。メリットは空室や滞納のリスク回避、一括で任せられる管理業務、確定申告が簡素化できる、もし入居者トラブルが発生しても当事者とならないなどが挙げられます。特に家賃の滞納や退去に関してのトラブルは面倒で訴訟にさえ発展するケースもありますが、当事者とならない点は大きなメリットと言えます。一方、デメリットも少なくなく、家賃を最大化できない、家賃の減額請求、中途解約のリスク、入居者を選ぶことはできない、サブリース会社の倒産などです。このことからデメリットで挙げた項目のリスクを下げるような対策を契約前に交渉しておくことが大事で、サブリースをうまく活用できる方法となります。

サブリースの注意点や問題点とは

一口にサブリースと言っても、契約する会社によって異なるケースが多く、国土交通省に標準契約書などがありますが、準拠されているとは限らないので注意が必要です。ですから合意に基づく家賃保証額や管理内容、修繕費の負担、他サービスなどを盛り込んだ契約は有効となります。ただ、この契約に関して、情報量や法的知識の差でオーナーに不利な条項を盛り込んでいるケースもありますので注意が必要です。他に注意すべき点として、家賃保証額の割合、免責期間、家賃保証の見直しで下がるリスク、想定以上の原状回復費や修繕費用の負担増、そして解約時のトラブルなどです。そして利害関係について、常に満室であればお互い収益も出るのでトラブルは起きませんが、家賃収入が減るほどオーナーが不利益となりやすく、家賃保証を保険金の支払いに備える保険と混同しないことが大事です。

実績のあるサブリース以外にも、プロパティマネジメント、リノベーション、土地活用などエイブルグループ全体で安心の賃貸経営をバックアップします。 対象エリアは、賃貸物件、土地活用物件などいずれも日本全国どこでも対応できますので是非ご相談ください。 入居者の募集から、集金、メンテナンスなどの管理は当社が代行するので安心です。 サブリースについてのご相談ならエイブルへ